コンソーシアムの概要

センサ&IoTコンソーシアムとは

目的

 

本コンソーシアムは、ユーザーアドバンテージを意識し、センサ技術とIoTとの融合(連携)のもと、価値あるビジネスモデルを生む総合的な対策(準備・計画・運用)を検討し、ヘルスケア、生活(家庭、職場、学校、施設)、自動車(移動体)、スポーツなどの多様な生活・社会的シーンにおいて、生体情報センサを初めとした各種センサとIoT技術を利用して快適な生活・社会空間の創出を推進し、関連産業の発展に資することを目的とします。

 

キーワード:

キーワード

 

活動内容

  1. 最先端センサの活用に関する技術・ノウハウの検証と普及支援
  2. IoT プラットホームの構築
  3. ビジネスモデルの検討
  4. 講演会開催等による情報提供及び意見交換
  5. 国際標準化

組織体制

コンソーシアムの概要

コンソーシアムの概要

会長:三林浩二 東京医科歯科大学 教授

副会長:丹羽 修 埼玉工業大学 教授

 

組織体制

 

構成メンバー
  • 法人会員:法人又は団体 - 会費:300万円/年(消費税含む)
  • 特別会員:国、地方公共団体、大学等の教育機関及び公的研究機関の法人又は団体&個人、又はコンソーシアムの会長がその活動に特別に寄与すると認めた法人又は団体&個人 - 会費無し
  • アドバイザ:会長が指名する法人又は団体&個人 - 会費無し
  • コンサルタント:会長が指名する法人又は団体&個人 - 会費無し
役員
  • 会長:会則の附則に記載
  • 副会長:会則の附則に記載
  • 顧問:会則の附則に記載
  • 幹事:法人会員各社代表と特別会員から会長が指名した者
会議
  • 総会(会長、副会長、会員)
  • 運営委員会(会長、副会長、幹事)
  • 技術委員会(会長、副会長、幹事、法人会員、特別会員、アドバイザ、コンサルタント)
事務局
  • 次世代化学材料評価技術研究組合(CEREBA)

ホーム サイトマップ